震災から24年。これからの自分。

どうもこんばんは。
うぇい。です。

大阪の職場で火曜に手帳を忘れ、昨日取りに行ったら事務所が閉まっててはいれず今日リベンジってなにやってんの、な、本日ꉂ笑
ようやく自分の整理と方向性が見えまして。
そんな中、今日は阪神淡路大震災やったのね、と思った、そんなうぇい。通信からの抜粋はこちら↓

******************

【今日の言いたいこと。】
★震災から24年。
★干支2周。
★震災に関しての想いは薄い。
★ある意味で幸せなことである。
★今日まで自分が生かされてる意味もまた考えたそんな日。
★神戸を離れるという選択肢。

******************

と、いうことで。
今日は阪神淡路大震災から24年。
…と、いうのを今日のお昼まで気づかなかった。
ありがたいことに、うちは阪神淡路大震災での被害はほぼ皆無。
お皿3枚くらい割れたのとピアノがちょっと動いたのと、部屋の漫画が散乱した。
そんな程度。
だから、申し訳ないけども、被災した人に比べてその辺りの意識は低い。
東日本大震災などその他の自然災害含めても自分が記憶しているモノで事が起こった時に自分の知人が大きな被害にあって大変な目にあっている、という人が周りにいない。
最近の大阪の地震からかな。
でも自分の無力さもあってか、その震災自体うちはそんなに揺れを経験してないこともあって印象は薄い。
友達からたまに話題に上がってその時はドキッとするけど。
そういう意味では本当にありがたいと思う。
そういうのを気にしなくても生きてこれて
そういうのにトラウマを抱えることもなく生きてこれて。

当時10歳。小学4年生。

断水もしたし停電もしてたしその当時は余震にもビビってたけど、守ってくれる親がいて、なんなら学校が数日休みになってラッキー、って思ってたくらい。
それくらいの被害しか経験してない。
電気は3日位で復旧したしお水も一週間くらいで復旧したと思う。

震災に限らず、大きな病気をしても、旅行に行っても常になにかに護られて、無事生きてこれて今日までいるなかで、今年入って改めて自分のこれからを考えてて、色んなものを手放すようになって、“神戸を離れる”という選択肢も1つ持てるようになった。

神戸というもう響きが好きだし、
身内もいるし友達もいるし、
なんかわからんけど街の雰囲気とか空気感は好きだし、
神戸いいよね、って言われたら勝手に誇らしいし。

画像の説明

だから神戸に居ることにこだわってたけど、離れてみる、ということをしてもいいよな、と。

そう思ったら、そういう話がくるもので。

神戸が大きく変わった1995年1月17日。
干支が2周したこのタイミングで、自分の整理がようやく一区切りついて、自分がこれから展開していくものを決めて、自分もまた大きく動き出そうとしてる、そんな2019年1月17日。
震災で被害に遭われた方に祈りを捧げると共に
自分が生かされてる意味も、これからこことも、改めて考えたそんな日。
全部たまたまだからこじつけと言えばこじつけꉂ笑
でも偶然は全て必然。
まぁ、ずっと離れるつもりもないんやけどね。

ということで、今日はここまで!
今日からまた普段の生活が始まる人が多いかと!
そんな今日も、1日楽しくいきまっしょい★

コメント


認証コード7917

コメントは管理者の承認後に表示されます。