セミナーコンシェルジュ案件『そうだ、バカになろう』が取り上げられました。

さて。


早速

今日の一言

[そうだ、バカになろう]が某メルマガにて紹介されました。
得られるものがなくても人は来る。
殺伐とした世の中で息抜き的なものが求められている。

**



セミナーコンシェルジュ、ヒトプロデューサーとして、
色々なセミナーに関わらせてもらってる中で
ちょっと異色なセミナーがありまして。

その名も『そうだ、バカになろう』。
テーマは【学生だったあの頃に戻ろう】
くだらない話をいかに真剣に話すか
というのが試される本セミナー。いや、交流会。

大の大人が議論した記念すべき第1回目は
『プリンのカラメルの存在意義について』

と、まぁ
そんなくだらないテーマに関して
二時間も話し合ったそんな『そうだ、バカになろう』。

主催者、ファシリテーターともに
ビックリしたのがすぐに定員が埋まったということ。
そして、思いの外、興味を持ってくれたヒトが多かったというね。

みんな、人の目も気にせず
バカになりたいんやなぁ(´・ω・`)
と、世の中がいかに生きにくい状態なのか
ってのを、
軽く物語ってるのかなー、とか思ったり。


そんなバカになろう、に関して、
大人の学びや知識変容に関しての考え等を
メルマガで配信している
株式会社レスポンシブコンサルティング代表取締役の
種村さん(

大阪のWEBコンサルティング、コーチングセミナーなら【パラダイムシフト.com】?

)のメルマガ、『種村式通信』にて
取り上げられまして。

画像の説明
↑これ。

からの

画像の説明

↑ここ。



今気づいたけど
誕生日まで祝ってくれてはった!
ありがたい!(T0T)

どんな形であれ、
人のアンテナに引っ掛かると言うのは
ありがたいね。

ってことで、
第二回『そうだ、バカになろう』は
8月28日夕方より予定されてまして。

テーマは『夏休みの過ごした方(笑)』

気になる方はこちらからどうぞ(笑)

すでに残席半分です(笑)

ってことで、今日はここまで!
読んでくれてありがとうございました★

コメント


認証コード0812

コメントは管理者の承認後に表示されます。